株式会社 ambient

株式会社 ambient

PHOENIX

大人エンターテイメント空間を創造すると 二極の空間が共存することになりました。

アメリカンエンターテインメントをコンセプトにした斬新かつ大胆なガールズバー。ボンテージ衣装を身に纏ったダンサーによるポールダンスはお客様を魅了します。 ステージ周辺のシアターエリアはステージに向かってお酒を嗜むことができ、贅沢でエレガントな空間に。バーエリアはNYのアンダーグラウンドなイメージを醸し出しています。 二極の空間を合わせ持つことでお客様の楽しみ方が幾重にも膨れ上がる空間構成は、まさに大人のエンターテイメントです。 夜の繁華街にお洒落に着飾って出掛けたくなる。そんなお店が「PUBLIC THEATERフェニックス」なんです。

その業態に合ったデザインをすることが ambientのデザインスタイル。

街に人が集い、活性化されることは大変いいことだと思います。昼に集う場所、夜に集う場所、使われる時間帯が変わると、それだけで空間デザインの仕方が変わると思います。また、デザインはその空間を使う人や業態によって、その手法を変えなければなりません。よく、「あの人のデザインっぽい空間だ」などと言われるデザイナーがいらっしゃいます。「個」が表現できていて素晴らしいとは思いますが、適材適所、それぞれのニーズをキャッチしてデザインしていくことが最も重要だと考えています。ですから、「ambientっぽいデザインだ。」というものはあまり前面に出てこないように心がけています。それがambientのデザインスタイルです。

PUPLIC THEATER フェニックス

札幌市中央区 南5条西2丁目オークラビル1F T 011 596 9966

pheonix1
pheonix2
pheonix3
pheonix4

株式会社 ambient

tel:011-596-8730 / FAX:011-596-8728
北海道札幌市中央区南13条西14丁目3-28

toiro

北海道クラフトショップ兼、カフェという寛ぎとものづくりの空間。
Gallery toiro
北海道札幌市中央区南13条西14丁目3-28